名も知らぬ街角の...
 
香港・シンセン・ハルビンをちょっと探求するブログです。
 



広蔵市場さしみ屋台No27屋台にて刺盛りで一杯 広蔵市場 ソウル

ソウル市 鐘路5街駅から徒歩1分の広蔵市場は夕方から飲み屋系屋台が開店します。
スンデ(腸詰め)やチョッパル(豚足)など店頭に並べた屋台でも飲めます。

刺身屋台も数多くありますが、私がよく行くのはNo.27の屋台です。
今年3月にソウルへ行った時もこの屋台で一杯飲んでました。
メニューは大20000W 中15000W 小12000Wです。
自分が食べたい食材を告げます。
盛合せも出来るので3切れずつとか伝えましょう。
アジュマは挨拶程度の日本語が出来ます。
日本語の商品名も理解しているので、日本語で注文も可能です。



私が頼んだのは20000Wの盛合せです。
黒鯛、ビントロ、サザエ、2枚貝、ホヤ、タコ、アナゴが盛ってあります。
私は顔なじみになりましたが一見さんでも量は変わらないと思います。
初めて行った時もこれくらいの量だった記憶があります。



つけだれは
わさび醤油
お酢入りコチュジャン
アジュマ特製ニンニクみそ
塩入りごま油
と4種類用意してくれます。

ビントロはごま油を付けてわさびをほんの少しのせてから韓国のりに巻いて食べました。
わさび醤油で食べるのもおいしいのですが、私が気に入った食べ方はニンニクみそに付けてサンチュやエゴマの葉に巻いて食べる方法です。
ニンニク、青唐辛子の辛みが刺身とマッチしてました。



これはマナガツヲのキムチあえです。
アジュマが他の屋台のお客さんから作って欲しいと頼まれた物を少し分けてくれました。
これもおいしいかったです。



刺身をつまみにビールが進み、気がつくと瓶ビール2本を空けてしまったので「マッコリ」を注文しました。
ここのマッコリは「長寿」という銘柄で自然発砲タイプでした。
このお椀で飲むマッコリはスイスイと飲み干しました。
ホテルへ帰ろうとした時、隣のお客さんと話し込んでしまい、30分延長して焼酎を一緒に飲んでました。
こういう地元の人とのふれあいが屋台の魅力ですよね。

アジュマが先日、日本人の女の子2人組が屋台で飲み過ぎたらしく警察のお世話になったと話してました。
飲み過ぎや暴れると地元の人にも迷惑を掛けるので飲酒は適度に終わらせましょう。



Jul.5(Mon)08:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 韓国 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)