名も知らぬ街角の...
 
香港・シンセン・ハルビンをちょっと探求するブログです。
 



韓国

ユッケ通り「チャメッチ」でレバ刺しを食らう! 広蔵市場 ソウル

再度ソウル鐘路5街駅そばにあります、広蔵市場ユッケ通りに行ってきました。
前回は「ユッケ」を食べましたが、今回は「レバ刺し」を注文しました。
前回と同じで瓶ビールを飲みながらの飲食となります。



ユッケもそうでしたがレバ刺しも新鮮で歯ごたえもあるぷりぷりとした食感が味わえました。
値段はユッケと同じ10000Wです。
同じ値段でセンマイ刺しとのハーフアンドハーフも出来ます。



店前にはショーケースがあります。
「チャメッチ」はこの路地に2店舗あります。写真は本店の方です。
営業時間は11:00~23:00までです。
メニューにはユッケビビンバもありましたよ。



ユッケ通りへの入り口は薬局に囲まれた路地を入ります。
路地入り口は花を売っている露天がありますので目安にしてください。



7月8日(木)07:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

広蔵市場さしみ屋台No27屋台にて刺盛りで一杯 広蔵市場 ソウル

ソウル市 鐘路5街駅から徒歩1分の広蔵市場は夕方から飲み屋系屋台が開店します。
スンデ(腸詰め)やチョッパル(豚足)など店頭に並べた屋台でも飲めます。

刺身屋台も数多くありますが、私がよく行くのはNo.27の屋台です。
今年3月にソウルへ行った時もこの屋台で一杯飲んでました。
メニューは大20000W 中15000W 小12000Wです。
自分が食べたい食材を告げます。
盛合せも出来るので3切れずつとか伝えましょう。
アジュマは挨拶程度の日本語が出来ます。
日本語の商品名も理解しているので、日本語で注文も可能です。



私が頼んだのは20000Wの盛合せです。
黒鯛、ビントロ、サザエ、2枚貝、ホヤ、タコ、アナゴが盛ってあります。
私は顔なじみになりましたが一見さんでも量は変わらないと思います。
初めて行った時もこれくらいの量だった記憶があります。



つけだれは
わさび醤油
お酢入りコチュジャン
アジュマ特製ニンニクみそ
塩入りごま油
と4種類用意してくれます。

ビントロはごま油を付けてわさびをほんの少しのせてから韓国のりに巻いて食べました。
わさび醤油で食べるのもおいしいのですが、私が気に入った食べ方はニンニクみそに付けてサンチュやエゴマの葉に巻いて食べる方法です。
ニンニク、青唐辛子の辛みが刺身とマッチしてました。



これはマナガツヲのキムチあえです。
アジュマが他の屋台のお客さんから作って欲しいと頼まれた物を少し分けてくれました。
これもおいしいかったです。



刺身をつまみにビールが進み、気がつくと瓶ビール2本を空けてしまったので「マッコリ」を注文しました。
ここのマッコリは「長寿」という銘柄で自然発砲タイプでした。
このお椀で飲むマッコリはスイスイと飲み干しました。
ホテルへ帰ろうとした時、隣のお客さんと話し込んでしまい、30分延長して焼酎を一緒に飲んでました。
こういう地元の人とのふれあいが屋台の魅力ですよね。

アジュマが先日、日本人の女の子2人組が屋台で飲み過ぎたらしく警察のお世話になったと話してました。
飲み過ぎや暴れると地元の人にも迷惑を掛けるので飲酒は適度に終わらせましょう。



7月5日(月)08:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

トェンジャンチゲを食らう。 ソウル駅韓食

今回は韓国国鉄ソウル駅コンコース内にある食堂にて食べました『テェンジャンチゲ』を紹介します。

店内に入り適当な場所に座ると注文を聞きにアジュマがやってきます。
注文を受け付けるといつものように小鉢のキムチセットとお水が運ばれてきます。

テェンジャンチゲですが、野菜、ワタリガニ、エビが入った味噌汁です。
味はそれほど辛くはありません。
辛い物が苦手な私ですがおいしく食べられました。



グツグツと熱くなった鍋が持ってこられます。
やけどに注意しながら、スープと野菜をご飯にかけて食べました。
値段は6000Wです。



このお店は食堂なので他にもチゲや冷麺、ビビンバなどの韓国料理も食べられます。
ソウル駅から出発する電車に乗る前や到着した人たちがよく利用しています



7月2日(金)05:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

コンナムルヘジャンククを食らう! 温陽温泉

今回紹介する韓国料理は『コンナムルヘジャンクク』です。
日本語訳では『豆もやしのスープ』だそうです。

ソウルから温陽温泉(オニャンオンチョル)へ日帰り旅行をした時昼食で食べました。

コンナムルヘジャンククは石焼きビビンバで使う小さな鍋が熱々になって出てきました。



お店の入り口です。
日帰り温泉施設『新泉湯』の隣です。
お店は2階なので靴を入り口でロッカーに入れて階段を上ります。
店内には壁に大きなメニューが2つあります。
入り口の写真で食べたい物を決めると頼むのが簡単です。



熱々のコンナムルヘジャンククです。
赤いスープですが辛くはありません。
豆もやしと卵、薬味のネギなど入ってます。
オキアミの塩辛、塩を入れて好みの味付けにしましょう。
このスープも癖になるおいしさです。



小鉢です。
オイキムチなんでしょうかね?キュウリがおいしかったです。
カクテキは大根の甘みがしっかりと残っており歯ごたえもよくおいしかったです。

今回のコンナムルヘジャンククは50000W(400円)でした。



7月1日(木)06:35 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

広蔵市場ユッケ通りで噂のユッケを食らう! ソウル 広蔵市場

今月は韓国特集としておりますが、食べ物中心に紹介しています。
今回はソウルは東大門市場付近の広蔵市場(鐘路5街駅)にあるユッケ通りです。特に有名な『チャメッチ』に行ってきました。もちろん注文して食べたのはユッケです。
私はソウル滞在中には広蔵市場で夕食を食べるようにしています。
理由は安くておいしい物が沢山あるからです。南大門市場などと比べて地元民の市場なので日本人観光客がが少ないです。



このお店は入り口手前のショーケースにユッケ、レバ刺、センマイ刺が並んでます。
どれも一人前10000Wです。
日本の一人分と違い皿の大きさは25cm位あります。
平盛ですが日本で食べるユッケの4人前位ありました。
牛肉の下は細長く切られた長いもがありますので卵の黄身と一緒に混ぜましょう。
肉には薄味に仕上げてありますが好みでニンニクみそかごま油に付けて食べます。



ユッケをつまみにビールを飲んでました。
ビールは3000Wです。
早い時間におじゃましましたが店内はにぎやかで万卓でしたよ。
この通りは同じような店が5軒程並んでます。価格は同じです。

次回はレバ刺で一杯飲もうかと画策中です。

広蔵市場には刺身屋台もあるので夕飯は悩みますね。
有名な麻薬パム(小さな海苔巻き)の屋台もこの市場にあります。



6月30日(水)02:17 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理


(1/6ページ)
>1< 2 3 4 5 6 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器
避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット | さくらのVPS