名も知らぬ街角の...
 
香港・シンセン・ハルビンをちょっと探求するブログです。
 



韓国

成田空港のランプバス

ソウルから無事帰国しました。
帰りは日本上空の低気圧で良く揺れました。
着陸するときも2・3回乱気流に巻き込まれて、機体が上下に揺れ機内には軽い悲鳴が!
まあこれくらいなら大丈夫と思っていたら無事着陸。

成田空港に着陸してから誘導路を走行しているときにいつもと違う感じがしました。
違和感はカーゴエリア近くに機体が停まったことです。
もしやランプバスか?と思っていたら機内アナウンスで「バスで移動するとのしばらくお待ち下さい」との事
窓から覗いた時ブルリRUが停まってる!
ブルリRUはビジネス客を乗せて走り去りました。



機体からタラップで降りたのも5年ぶりかな?
東京空港交通(リムジンバス)カラーのエアロスターが停まっているのでこちらの乗車して入国審査へ向かいました。



こちらが仁川から搭乗してきたB757です。
こんな角度から見るのも5年ぶりです。



JALと書かれたバスも横目に見つつ、進行してゆきました。


この車両は飛行機を押すトレーラの用な車ですね。
近くで見ると大きいです。
車窓楽しんでいたら第一ターミナル北ウイングへ到着しました。



1月29日(金)05:11 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

NW607 B757-200 NRT-SEL

ソウルへ向かったフライトのことを書きます。
予定では夕方羽田空港発のフライトだったのですが、急遽安い航空券が手に入りましたので成田発へ計画変更しました。
安いフライトは現地に深夜到着・朝出発というものが多いです。
今回のフライトも例外なく、そういうものでした。
航空会社はデルタ航空と合併したノースウエスト航空
デルタ合併前はサービス(日系航空会社と比較)はよくなかったですが、今回のフライトではノーマルな感じでしたね。
機体は日本では珍しい757-200です。
ビジネスクラスが新幹線の指定席より狭いという噂があった機種です。
フライトはNRT19:00SEL21:45着でした。



成田の出発ゲート前です。
なぜ旅行客が少ないかというと、出発45前にゲート変更が行われたからです。



エコノミークラスの座席です。
横6列(3列+3列)でした。シートピッチは意外とありましたよ。
観光バスの縦10列と同じ感じでした。しかしリクライニングは殆ど出来ません。



飛行機に乗ると楽しみなのが機内食です。
アメリカ系の会社なので期待はしていませんでしたが、これはひどい!
手巻き寿司2ヶ!から揚げ2ヶ、カット林檎数個!
去年乗ったUAもひどいと思いましたが、これ程ではありませんでした。

今後日航も機内サービスを変更するとの事ですが、こういう食事でしょうかね?



1月27日(水)00:00 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理

仁川国際空港リムジンバス ヒュンダイユニバース

ヨゴセヨ!アンニョンハセヨ!
日付が変わる前にどうにかソウルに到着しました。

仁川空港からソウルへは鉄道・バス・タクシーとありますが、終バスに間に合ったので最終リムジンバスでソウル市内へ向かいました。

リムジンバスはヒュンダイエアロバスが主流ですが、ユニバースも導入されております。
ボディカラーは路線別?なのかいろいろな色のバスが走ってました。



空港のバス停です。
行き先別に大きく分かれておりました、私が乗ったバスは5番エリアに属しております。
ソウル市内まで45分から90分、割とこまめに停車しまてました。
料金は均一料金で9000ウォン(780円程度)でした。



座席は縦10列で最後尾の座席がエンジンの関係でせり上がっています。
オリオンバスの杉崎観光に導入されたバスと同じ様なシートです。
シートベルトは日本よりも取締りが厳しいのか、出発前にドラ氏が確認してました。



1月26日(火)01:51 | トラックバック(0) | コメント(0) | 韓国 | 管理


(6/6ページ)
最初 1 2 3 4 5 >6< 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック