名も知らぬ街角の...
 
香港・シンセン・ハルビンをちょっと探求するブログです。
 



グルメ

【白魚】販路拡大を狙い高速バスに乗る!

先程(1/11AM6:15~)NHK総合にて【産地発!たべもの一直線「青森 東北町発~シラウオ」】が放送されておりました。
全国的に白魚の漁獲高は減っておりますが、漁獲高日本一の青森県小川原湖(宝沼)では減ることはないそうです。
白魚の食べ方として【おどり食い】や【刺身】【かき揚げ】等あります。
しかし白魚自体が非常に弱い魚なので産地以外では【おどり食い】は難しいとされておりました。
しかしこの特産物を生きたまま東京の料亭へ届けようという試みが行われておりました。
生きたまま運ぶのは難しい事でしたが今回のテストでは【高速バスドリーム八戸十和田 シリウス号】を利用していました。
バスは十和田観光のスパクルで一番後の2席利用していましたよ。
夜行バスに乗ってきた【白魚】は一昼夜経っても元気に発泡スチロールの中を泳いでおりました。
その後4件の料亭を廻り生きている白魚を紹介しておりました。
今回はハンドキャリーでしたが、宅配便よりも揺れが少ないので【白魚】へのストレスが少ないので、今後も利用して貰いたいと思いました。

小川原湖の特産で【ヤマトシジミ】もあります。
私も小川原湖の【ヤマトシジミ】を食べたことがありますが、非常に美味しかったです。

今回の放送を見て感じましたが、高速バスも旅行者以外でも活路を見いだすことが出来そうですね!
料亭へ届けることを考えると比較的利用客が少ない平日を利用する事になりますし、両者に利点があるように感じます。



1月11日(日)07:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

【生まれたときからどんぶりめし】がキャッチフレーズの半田屋

仙台に行くとなぜか行きたくなるお店があります。
和風レストラン【まるまつ】と【めしの半田屋】です。
どちらも至って特徴のないファミレスと食堂ですが落ち着くんですよ。

今回は仙台駅東口のBiViの半田屋により朝飯を食べました。

半田屋はセルフ定食屋というかおかずが並べてある棚から欲しい物を選び最後に味噌汁とご飯の量を決めてレジで支払います。

今回選んだおかずは、
目玉焼き、揚げ出し豆腐、切り干し大根、いかのしおから、豚汁と飯小です。
金額は486円。安いです。

あのキャッチフレーズ
【生まれたときからどんぶりめし】が書かれた女の子がどんぶりめしを頬張るポスターが目に焼き付くんですよ!
あのポスターは忘れられません。

神奈川で同じ様なインパクトのある食堂を一軒知っております。
横浜中央市場にある【秋葉屋市場食堂】です。
ここのどんぶり飯もまんが盛りですよ(爆)
同じく横浜中央市場の【もみじや】は説明無用の有名店です。



12月20日(土)04:51 | トラックバック(0) | コメント(2) | グルメ | 管理

【油麩丼セットミニはっと汁付】 大衆食堂つか勇 登米市

宮城県登米地区の代表的な食べ物として【はっと汁】があります。
最近では催しも行われ各地方のはっと汁が食べられる祭りも開催されるようになりました。
はっと汁は南部地方に見られる【ひっつみ】や山梨の【ほうとう】に似ていますが、作り方が異なります。
はっと汁は小麦を薄く延ばしてから一旦茹でます。

今回はそのはっと汁と登米地区名産の油麩をどんぶりにした油麩丼を食べる事にしました。

食べたお店は【大衆食堂つか勇】
仙台から訪れた場合東日本急行の高速バス【みやぎの明治村】バス停を降りたら目の前です。
外観はリフォームされていて綺麗ですが、一旦食堂にはいると懐かしい昭和を感じさせる厨房、テーブル席と半座敷となっている店内です。

油麩丼はカツ丼に似せたどんぶりで油麩がグルテンから作られている為、煮ても適度な歯ごたえがあります。
なかなか美味しいです。
そして【はっと汁】です。
これは美味しいです。郷土料理と言うことで味の方はあまり期待してませんでしたが、大きく裏切られました。
おかわりしたいくらいです。
はっとと呼ばれる小麦をちぎって茹でた物ですが、つるっとした舌触りでうどんよりも腰のある物でした。

なぜ【はっと汁】と呼ばれるのか聞いてみたところ、昔米以外を食べることは御法度だったそうです。
そこで小麦から作られるこの【はっと汁】は御法度からはっとになったそうです。



12月19日(金)07:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

東名高速由比PA上り線 三色丼と桜エビのかき揚げ

静岡へ行った帰りに由比PAにより名物の【三色丼】と【桜エビのかき揚げ】を食べてきました。
まずは【三色丼】
マグロの赤身、釜揚げしらす、釜揚げ桜エビの三色丼は味噌汁、漬け物付きで700円
高速道路のPAでは安いと思います。

【桜エビのかき揚げ】
やはり由比に来たら外せない一品だと思います。
単品170円

ちなみに食堂は下り線には設置されておりません。



7月21日(月)05:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理

三浦半島 金田漁港の朝市・三崎の朝市

今回は食べのもネタを書きたいと思います。

三浦半島の金田漁港では毎週日曜日に朝市が行われております。
地物の魚を始め、野菜、とうふ、花など多種にわたり販売されております。

たまにテレビで紹介されるので南関東の人には馴染みのある朝市だと思います。

夜、漁から帰ってきたばっかりの魚を売ってます。

三浦半島の金田漁港



朝6:00から販売開始なので5時頃着くとこんな感じで開店準備をしてます。
6時近くになると通路を歩くことが出来ないくらいの人がやってきてます。
5:45 欲しい物の前で開店するのを待っている人が増えてきたので、私も並びました。

開店の音楽が鳴るとまさにバーゲンセール!
とりあえず欲しい物を手で抑えてお金を売り手側へ渡そうとしてます。

私も目を付けていた赤貝を二盛り抑えました(笑)
開店10分でもうめぼしい物はなくなってしまいました。



欲しい商品も買えたので、腹ごしらえです。
市場の2階はレストランに成っております。
定番の「おまかせ定食B」を頼みました。
これは焼き魚定食と同じ物です。



おまかせBには刺身が付いてきます。
これです!
活造りです!あとサザエの壺焼きも出てきました。
この定食が1,500円です。
ボリューム満点でした。



お腹も満たされましたが、次の訪問予定地である三崎の朝市へ向かいました。
金田の朝市よりも人があふれかえっています。
ここもバーゲンセールのような状態です。
朝市会場を一回りして「漁師自家製烏賊の塩辛」を買って帰りました。

今回は朝市巡りも結構好きなので記事にしてみました。



6月25日(日)10:46 | トラックバック(0) | コメント(0) | グルメ | 管理


(2/2ページ)
最初 1 >2< 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | 恋活
家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機