名も知らぬ街角の...
 
香港・シンセン・ハルビンをちょっと探求するブログです。
 



タイランド

ChiangMai-ChiangRai間のバス GreenBus

今回はタイのVIP ClassBusを紹介します。
長距離路線に投入されている3列シートバスを200Km程度の路線に投入しているバス会社があります。
チェンマイ-チェンライ間を走っているGreenBusです。
主な路線はチェンマイからチェーンセン(ゴールデントライアングル)とメーサーイ(ミャンマー国境)を結ぶバスです。
3列シートバスは台数も少ないので直ぐに座席が埋まってしまいます。
ノーマルの縦11列横4列シートバスも座席が埋まってしまっていることが多いです。

今回乗車したバスは中国製の金龍バスHDです。



座席は広く、レッグレスト付でした。
フットレストは棒タイプ。
リクライニング角度は日本の夜行3列シート並に倒れました。
フルリクライニングしてしまうと後ろの座席の人は移動しづらいです。



こちらは2人座席です。
基本は一人用の座席と同じです。



読書灯はLEDです。
空調ダフトは片側壊れていましたが強弱の調整は可能です。
次回も金龍3列シートバスを続けます。



Nov.29(Sun)23:04 | Trackback(0) | Comment(0) | タイランド | Admin

Chiang Mai - Mae hong Son間の飛行機 SGA

チェンマイ近郊の町へはバスで移動すると意外と時間が掛かります。
山岳コースと言うこともあるのですけど、運行本数も少ないので詰め込み仕様なんですよね。
各集落で停車を繰り返します。
前回チェンライへ行ったときもバスでの移動はたやすいと思っておりましたが、実際にはそんなことはなく4時間程掛かってしまいました(驚)
現地ツアー会社のガイドさんから聞いた話ではチェンマイ-チェンライ間の飛行機が飛んでいるそうです。
気になったので調べてみました。
「SGA_Airlines」が運行にあたってます。
NokAirの子会社のようです。
12人乗りの飛行機という話は聞いていましたが、本当にセスナですね!
On-board Our Flightと言う項目を選ぶと機内の写真が出てきます。
横3列シート(2+1)のセスナです。
(写真はSGAAirlinesから拝借してます)

私はChiang MaiからMae Hong Son迄移動しなくてはいけないので飛行機かバスを選択しなくてはいけません。
バスでは片道約8時間、飛行機は40分
選択の余地はありません。山岳路線を走る超満員のバスに8時間も揺られて行くわけにはいきません。

ということでセスナに乗ってみます。
搭乗したらレポしてみようかと思ってます。



Nov.15(Sun)12:16 | Trackback(0) | Comment(0) | タイランド | Admin

タイからラオスへ 近況報告

タイ北部を旅してましたが、陸路でラオスに入国しました。
通信状況も悪くブログ更新はかなり難しいです。
バンコクに戻ってからいろいろと更新しようと思います。

写真はタイとラオスを結ぶ国境越えDCです。
このDCに乗って国境を越えた事に関しては折を見てUPします。



Oct.24(Sat)19:04 | Trackback(0) | Comment(0) | タイランド | Admin

ワット・チェディ・ルアン チェンマイ

チェンマイ到着後、旧市街をぶらつきながら寺院を探訪していました。
一番行きたかった場所は『ワット・チェディ・ルアン』というお寺です。
地震で倒壊してしまった寺院ですが、ユネスコと日本の援助でかなり修復されております。
私も写真を見て気に入ったのですが、実物は想像していたものより大きいです!!



仏塔の4面には仏像が納められておりますが、入り口にはこの孔雀?みたいな飾りが施されております。
小さな鐘もあり願い事を聞いてもらえます。



四方向撮ったので。


崩壊している場所で角度が違うことが判るでしょうか?

崩壊前の高さは86mもあったそうです。
仏塔の周囲にはベンチもあるのでのんびりと眺めていることも可能です。



Oct.18(Sun)05:10 | Trackback(0) | Comment(0) | タイランド | Admin

チェンマイ行の寝台特急に揺られて その2

バンコクから乗車した寝台特急は10分遅れて出発しました。
その後も遅延してチェンマイ到着時間は予定時刻の1時間後。
遅延するのが普通なのか?最近は正確に運行するのか?
判りませんが、出迎えの人に連絡している人が多かったです。



チェンマイ到着後に回送する為、ディゼル機関車は切り離されています。


こちらが乗車してきた2等寝台車です。
韓国の大宇製でした。
床下のコンプレッサーが絶えず動き微妙に振動するんですよね。



チェンマイ駅でホテル近くを走行する路線バスを待ってましたが、30分待っていても現れません。
あまり気にもせず、別の手段で移動します。
暫くはホテル方面へ歩くことにしました。

すると後ろからクラクションと共にやってきたのがソンティオと呼ばれる『トラックバス』です。
ドライバーにホテルを聞くと『知っている。乗れ!』との事
乗車しました。



ホテルは『ターペー門』近くにあるとの事でしたが、ドライバーは手前200mの地点で『詳しい場所が判らないから、ここで降りてくれ』といい降ろされました。
近くにいるトゥクトゥク(3輪タクシー)の叔父さんから場所を聞き何んとかチェックイン出来ました。
写真はターペー門です。

荷物を置いてから町の散策へ出かけます。



Oct.17(Sat)01:50 | Trackback(0) | Comment(0) | タイランド | Admin


(4/9page)
Top 1 2 3 >4< 5 6 7 8 9 End